マツダの値引き傾向

マツダディーラーの値引きの傾向についてまとめていきたいと思います。まずマツダ車は最近人気や注目を集めていますので、基本的な値引きは全体的に厳しい印象があります。一昔前は50万円とか60万円といった意味不明な値引きが出ていたディーラーだったのですが。MPVなんて60万円引き!と言うのは有名でしたからね。

今では人気車種も多くなってきましたので、値引き交渉には注意が必要です。そこでまずマツダディーラーの値引きの傾向として「厳しい」という事を念頭に置いて交渉を始めてください。そうでないと、いきなり大きな値引きを要求してしまい、営業の方に相手にされない、なんていう可能性も出てくるからです。あとは新型発表から1年以上経過した車種については、少し強気で値引き交渉をするのが良いです。マツダ車の特徴として、新型車の時はかなり値引きも厳しいのですが、月日が経つと比較的値引きが崩れる事も多いからです。最初から新型発売からどのくらいの月日が経過している車なのか?という事を調べておくのも良いでしょう。

あとはマツダディーラーの値引きの傾向としては、チラシなどのキャンペーンを行う場合。これに関しては大きな値引きを引き出すことが出来るチャンス!と言っても良いでしょう。マツダディーラーは新年も早めから決算対策としてチラシなどを打つケースが多いですし、販売店自体も1月2日、3日ぐらいから店を空けています。他社に取られる前に刈り取ろうとする傾向もあるので、こういったチャンスを利用したいところです。

マツダディーラーの値引き対策は?

上記でもお伝えしたようにマツダディーラーの対策としては、キャンペーン時に交渉をする事!と言えるのではないでしょうか。競合させるのも良いですが、最近のマツダ車は他社よりも最先端な事を行ってきます。その為、商品力がありますので競合をさせても乗ってこない可能性も高くなっているのです。新車値引き情報の雑誌などを見てもらっても分かる事ですが、マツダ車の値引きはかなり厳しい事が書いてあります。やはりこういった事を考えると、マツダディーラーが契約を欲しがっている=キャンペーン時にしっかりと交渉をして契約前提で商談を進めるのがベターでしょう。