日産の値引き傾向

日産ディーラーの値引きの傾向についてまとめていきます。日産ディーラーは各店舗によって値引き額に差が出ているケースが多いのが特徴的です。昔はブルーステージとレッドステージに分かれていたため、同じディーラーでも中身が分かれていることが多いです。

その為、近くに2つの日産ディーラーがある事も少なくなく、これらをはしごするだけでも値引きを拡大させる事が出来るのです。あとは営業の方によっても提示してくる値引き額が違うのも特徴的ですね。基本的な新車値引きは決まっているのですが、それぞれの性格や状況によって値引き額を使い分けている、という印象も強いディーラーです。

あとは下取りの査定額がかなり適当なイメージです。適当と言っても悪い意味ではなく、値引きがあわない場合にはすぐに下取り査定額で調整をしてくる、という意味です。この為、買取専門店よりも大きな査定額が出たりもします。下取り価格がほとんど0円に近いような古い車などは施策があるので、5万円とか10万円という査定額をつけるような提案をしてくるのもよくある話ですね。

日産ディーラーの値引き対策は?

日産ディーラーの値引き対策としては、やはり複数の日産ディーラーを回る!という事になります。もし可能なら、ブルーステージ系とレッドステージ系の2つは最低でも回って欲しいところです。2つの会社が合併をしているので、今でも風潮が違うので。あと他社との競合は効果的です。ただ日産ディーラーの営業の方は、商品力で勝負をする事をあまりしません。やはり人間力で勝負をしている方も多いので、競合をしすぎるのも逆効果になる事もあります。ここは充分に注意をして、「どうしたら契約をもらえますか?」と営業の方から言わせるような交渉が必要です。