トヨタの値引き傾向

トヨタディーラーの値引きの傾向についてまとめていきます。トヨタディーラーにはカローラ店系、ネッツ系、トヨペット系、トヨタ店系の全部で4つの販売店があります。それぞれユーザー層も違いますし、扱っている車種も違ってきます。そこでそれぞれの販売店の値引きの傾向をまとめてみましょう。

①カローラ店系ディーラー:メイン車種はカローラになるのですが、どちらかと言うと小さな車を中心に販売をしています。ヴィッツやパッソなどのコンパクトカーやノアなどの5ナンバーサイズミニバン、カローラフィールダーなどのステーションワゴンがメインですね。カローラ店の新車値引きの傾向としては、ネッツ店との競合を気にしている為、ネッツ店の車と競合をさせると値引きが拡大するケースが多いと思います。ノアVSヴォクシーといった感じですね。しかも同じ車種を併売しているケースもありますので、それらをぶつけると新車の値引きは確実に大きくなります。

②ネッツ店系ディーラー:上記カローラ店でも記載したように、カローラ店系ディーラーと競合をさせるのが一番の得策です。しかも値引き自体をあまり気にしていないような気もしますので、比較的どの車種でも多くの新車値引きを行っている印象があります。

③トヨペット系ディーラー:元々マーク2が中心のカーディーラーです。今ではマークXとなっていますが、その他にはハイエースやハリアー、プリウスも中心車種となっていますね。トヨペット系ディーラーは新車値引きが最初は厳しいのですが、最終的には大幅な値引きを行う傾向にあります。ノルマが厳しいイメージも強いので営業の方と仲良くして味方になってもらうのが良いでしょう。

④トヨタ系ディーラー:クラウンがメインのカーディーラーです。高級車が中心ですのでユーザー層としてもお金持ちが多いのが印象的です。会社などの法人ユーザーも多いですね。その為、個人ユーザーには値引きは厳しく、法人ユーザーには値引きをたくさん行う印象が強いですね。

トヨタディーラーの値引き対策は?

ココではそれぞれのディーラーの値引き対策を具体的にお伝えしていきます。まずカローラ店の対策としては、競合第一!確実にトヨタ車同士、同クラスのライバル車達と競合させましょう。これだけでも5万円以上は多くの値引きを引き出すことが出来ると思います。ネッツ店については、即決の交渉をするのが効果的ですね。ヴェルファイアなどは40万円を超える値引きも即決なら出ているようです。トヨペット店については、あなたの予算をしっかりと伝えましょう。たとえ出来ないような値引きでも一回は要求してください。ノルマが厳しい分、何とかして契約をもらおう、という気持ちが強いのがトヨペット店の営業の心理ですので。最後にトヨタ店系ディーラーの対策ですが、こちらは逆に値引きに関してはとやかく言わない作戦が効果的です。と言うのは、どうしてもVIP客の対応が多い営業活動をしているので、細かいお客様については相手をしない傾向にあるからです。トヨタ車を少しでも安く買ってくださいね。